どの鼻炎ように温肺肺の肺の肺の寒さのよもぎの足湯の効果で良いです

ヨモギは私の国の東北、華北、南西などに分布して、郊外はとても容易に見やすい,1種の多年生草本植物である.葉)もみがすがすがしい香り、採葉乾燥後すぐ生艾葉炒め、酢に炭を艾葉炭、生艾葉が軋み割絨の後に巻く条は艾条バッグ.ヨモギ葉は内服と外用、中国で薬草史上において、とりわけ重要な役になります.

pよもぎ温肺心肺寒し足湯足湯足湯効果良い

本草綱目によれば、よもぎは性温、味が苦い、無毒の味だという.それは、理を追って回陽血気、冷え性、止血流産を防ぐなどの効果は,鼻炎、にも使われる鍼灸、故に医草.ヨモギ足湯で肺機能も改善でき、慢性気管支炎やコホン白痰を患っている人はメリットがあります.

ヨモギの足の方法と生姜の足を取る方法に近い、一般30~50グラム(1小把)干ヨモギ水を煮て足を浸して、煮て法と前述の同じ.

体寒湿重い病人で、毎週一度足を浸してヨモギ.また、よもぎ水で足をよもぎと同時に、1杯のショウガナツメの水(10粒のナツメに2つのショウガをプラスして、10碗の水煮をプラスして2つの時間)を補助することにします.

p>で足を浸して<よもぎ期間は注意と同時に、飲むのぬるめのお湯に、少なく寒い食品、休みに注意して.虚熱、実火による頭の顔面、のど部の不調、慢性気管支炎なども一定レベルの緩和を得ることができます
.

熱と低血圧、糖尿病の人は医者に指導して、ヨモギの足で足湯.しかもよもぎの足湯で毎週2~3回で、あまり頻繁ではありません.ヨモギで足湯で下達、頭の中の血気が不足し、めまい,頭痛、また情緒の変化を起こしやすくなります.