ゆっくりと噛み締めると飲み込むこと、健康な睡眠の鼻炎第一歩に踏み出します

食事の時はゆっくりとゆっくりと飲み込むとよく言われ、噛み締めるがゆっくり飲み込むと、あごの筋肉、虫歯予防などを鍛ます.でも、噛むというのは、上質な睡眠と大きな関係があります.口まわりの筋肉,助けて眠って、もっと熟している

リズム活動に安定心神の効果、噛むも、噛むと同じウォーキングやダンス、全てリズム活動は、セロトニンの効用が増え、セロトニン夜になる褪黑激素、眠りやすく.良いことをしていると、セロトニン、セロトニン、健康睡眠の第一歩とも言える.じゃ、何度食べて何度も噛むべきでしょう?普通は、少なくとも20~30度は咀嚼して、しかし1始めから2,30度も容易ではありません.このために、私は各位に先に一回口から10度の目標を咀嚼することを提案することを提案します
.そうしながらも、食事の時間を長く、研究によると、空腹ホルモン痩身素を始める食事の後の20~30分内分泌から、すべての食事が20~30分以上かけてゆっくり食べましょう!よく食べることができます、硬い食べ物を食べます、筋肉、抗老化

私はよく睡眠の外で、健康に対して多くの利点があることをよくします.その一つは唾液の分泌促進、食物を消化吸収に吸収しやすく.食事の時間が長いので、ホルモンのホルモン痩せ体が増加、血糖も同時にゆっくりと上昇します.これでは脳の満腹中枢に伝わり、粗暴暴食暴食を予防します.

また,鼻炎、噛み締めるとしてゆっくり飲み込むこともできます.最近、多くの子供がずっと口を開いていると、口呼吸の習慣、鼻呼吸が少なくなります.

これは寝る時も同じように、もし口を開けて寝て、舌が喉に落ちやすくて気管呼吸が止まる;私はよく子供に教えを語り掛ける」、口を開いて証明する私たちはよく口のまわりの筋肉を鍛え.

食事の時にはゆっくりとゆっくりと飲み込むことができて、口のまわりの筋肉、私達を合わせて口に合うことをさせます.片側の筋肉と咀嚼も悪く、片側の筋肉が特に発達し、人に習慣性を広げることが容易であるためです.年をとると、ソフトの食べ物ばかり食べやすく、私たちも気になって、固い食べ物を食べさせて、筋肉を鍛える.

毎日、健口体操をし、鍛筋肉を鍛えて

を鍛して、人に寝てもいいです.私の推薦福岡未来クリニック院長の今井一彰医師のA.I.U.BE健口操.

A.I.U.BE▼健口操どうやって?

「Aの音(音と同じ)を出して、口の上で大きくAの音(音と同じ)を出します