アレルギー性鼻炎の改善方法

かぜでもないのに、突然くしゃみや鼻水がとまらない。鼻もつまる……。そんな症状が起こったら、アレルギー性鼻炎かもしれません。アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応によって起こる鼻の粘膜の炎症です。近年、アレルギー性鼻炎にかかる人の数は増加しており、日本人の5人に1人は、この鼻炎に悩まされているといわれています。この病気が増えている原因には、気密性の高い居住環境によるハウスダストの増加、花粉の飛散量の増加、大気汚染、ストレス、食生活の変化などが挙げられます。

食生活の改善はとても大切なポイントです。しかし、食生活だけではなかなか体質が改善できません。アレルギー性鼻炎は、過剰なストレスや不規則な生活習慣も原因になっています。

そのため、規則正しい生活習慣に改善していかなければなりません。睡眠不足は、免疫力の低下につながります。人間は1日最低7時間は睡眠をとらなければならないのです。

睡眠不足が続いている人は、気をつけてください。できるだけたくさん睡眠をとっていきましょう。睡眠不足は、食事から十分な栄養が吸収できなくなってしまいます。生活習慣が不規則なのに、栄養バランスが整った食事をとっても意味がありません。規則正しい生活を送るからこそ、食事から栄養が摂取できるのです。土台となる基礎をしっかりすることを、覚えておいてくださいね。

アレルギー性鼻炎にはヨーグルトや漢方薬も効果があります。ヨーグルトは乳酸菌を含み、これが腸内環境を良くし、便通を調え代謝を上げます。これにより免疫力アップが期待できます。また、漢方薬は冷えた胃や腸を温め、免疫力を高めます。漢方では、アレルギー性鼻炎の原因は身体の過剰な水分であるとしています。ですので、普段から冷たい飲み物の摂りすぎで、水分代謝の悪くなった胃腸を温める事を目的とし、漢方はアレルギー性鼻炎の治療に多く使われているのです。

免疫力が高まるとダニやほこり等の細菌が鼻に侵入しなくなり、アレルギー性鼻炎の症状も和らぐという訳です。自分の症状に合わせて、免疫力を上げる治療方法を選んでいきたいですね。