クコ茶の鼻炎お茶の作り方はどれらの方法が簡単に効果が多いことがあります

クコ茶のお茶の効果はどれらがありますか?滋陰明目を除いて、かんしゃく.常用コンピュータ者の目が疲れやすくて、クコを使ってお茶を浸して、滋陰晴眼.天気が暑い時、も使うため薬局飲む方法をかんしゃく.寒さを防ぐ.冬は寒さを防ぐ必要がある.お酒には適量のクコを入れ、7日間に浸して飲むことができる
.お酒は最高の白酒、中には体内の陽気、また、陽陽には、火を入れないで、のぼせる.クコ一年に四季を服用し、夏にはお茶を入れ、以下の西風は佳乃とし、体の改善にもなり、睡眠にも役立ちます.材料:1、紅茶3グラム2、クコ12グラム浸し法:2種類の材料をカップに入れ、熱湯で20~30分も使って,飲むことができます.効果:肝臓の腎臓を補って、目は保健の作用、虚弱体質の症状改善.クコナツメお茶法の材料:いち、クコ一小把に、赤いナツメは3~4粒の入れ方:直接クコとナツメを入れてグラスには、お湯によって服用して、あるいは水煮沸した後に服用して.効果:補益精虚を加え、明目.効果がある病気を治療后体虚,鼻炎、頭がぼうっとして目の花、微熱;やめまい、ナックルいらだって暑い.菊花クコお茶法の材料:いち、菊花三輪に、クコ一小把泡法:杭白菊3つ、クコ一小把、加入大急須内に加入し、熱いお湯、じゅう分後に飲んで.効果:菊持って風の解熱,解毒作用と同じ目的、クコの泡が肝臓の腎臓を補って、目は保健の作用、虚弱体質の症状改善.注意事項1、クコの体の効果は相当強い、風邪を引き風邪あるいはのぼせるなら飲んでクコ茶を飲むことができないことができます.2、クコは結局薬物で、毎日の量は10グラムを超えて、炎症、下痢の人は最も食べないでください.さん、枸杞子はあるいは腎臓、肝臓の腎臓が虚にも必要はない服.