夢が覚鼻炎め時_ 0

寂しい夜風を呼び覚ますの夢夢の続きのがあまりに長くて、心は少し疲れて、いつも掛かっている何行目の涙、夢の物語に演じるのが真実で、あの一幕一幕の辛酸人を泣かせ、涙.涙が多いのは,照れるとして、枯れた心は風に吹かれて再び咲き、夢じゃない、これは心から抵抗する信念と夢だ.

遠くでおなじみの歌、それは夢の中の歌声を連れて婉曲、ことが物寂しくて、それは無限の世の変転を,鼻炎、それは西域のため息をついて、それは楽しい人形の涙、風は涼しくて、必死にして私の顔で、魅力的な思いが溢れて酔って人の悲しみ、失意と悲しみ、夢を持って遠くに、喜びの服を着て、それは私の期待の場所、期待彼は夢じゃない、無限の期待の憂え悲しみは1部の弱々しい苦痛、よりはしようがない.風はそっと私の思いを揺らして、依然として方向の方向がない……だんだんの心と魂が近づくと、近いところは夢を探して.風は寂しい夜にはアカペラ、酔私は心,,私の心を失う方向、それはかつて理由の夢を失う.

風起の時、夢は覚めていた.