夢_鼻炎 112

P実は、ただ、

ひとつの夢.

Pってバカが怖く、

夢が現実になっても

は夢を見ても.

君、夢の中のあなた、はPはたちどころに間、

pは殘になって.

Pは転身して、

とpは振り返るとはしない.

私は夢の中の私、

には私、<強がる、強がる、

は強がって洒脱、

pは手を放すと言い.

君が振り向いたら

はPの涙は、<P>で発見されているのですが、<P>pはまた落ちて.

私は助けることがない私は、

Pはそれを見て、

に詳しい

は熟知しているPは見知らぬ背中、

とは無声の泣かないで.

は雨が降って、

は元、

は『p』の愛、

Pは偽り、

Pは酔いしれ、

ではPは人の痛みを.

Pは見て、

PはPPみんな泣いてたの.

Pは無力に立っていると,鼻炎、

は寂静街、

は静かな街、

雨が降っているから、

は、雨が降って、

です.すべては、

はすべて、

ですもうすべてが消えているみたいだから

はPは頬を淌だけ、

はには知名な液体がない……

Pはずっと見て,

p

ですPはPとPとPとしてはpは振り返るとはしない.

P実は、

Pは彼のバカ、

を好きになって慰留、引き留め、

はPは振り返って、

を見てpは彼の幸福を望.

P実は、

Pはバカが分かって、

自分が足りないのは自分が足りないと,<P>は自分では足りないと<P>ですPは彼にはふさわしくない、

はp

で、

Pは手を離して、

を選んで、<Pは傻傻、

幸せには,
.

夢み、夢み、、<、

p一晩中眠れない……

あなたを好きになって、ばかに疲れて、あなたはお好きです