熱波襲来、鼻炎未熟児が増えた?!

早産(37週)、妊娠20~36週間として、全妊娠の5~10 %程度と定義されているが、2011年には、世界で毎年2~500万人が1、500万、新生児の10 %を占めている.未熟児必要死亡に直面すると多くの急性や慢性疾患の脅威を併発するなど、脳性麻痺、視力や聴力障害、身長と体重の発育、新生児呼吸切迫症候群、間質性肺気腫、心臓血管の疾病、壊死性腸炎、ビリルビンとカルシウム代謝異常、免疫力の差は感染しやすく、貧血など、かつ、後日殘留問題の多くは、教育などの問題、社会に大きな経済負担.

よう早産のリスク因子が多く、1997年には以前学者初めて発表高い気温と早産に関する研究、彼らニューヨーク市ブルックリン区市立病院の妊婦、発見夏一番暑い期間の早産率は冬が一番寒い期間のさん倍.Basuなど(2010年)実証生産の前にいち週間の気温が高く℉ごとにじゅう(5 . 6℃)は、早産率の増加%.

2013年さん月Midwifery .ジャーナルで、オーストラリアの学者Carolan-Olah Mなどの報告と早産の関係環境気温が高く.その結果、研究報告を支援する可能性が高まる資料確かに環境の温度と早産の関係は、地球の気温は高くて、それは高い気温告知妊婦胎児への危険を減らす、これらのダメージも大きな経済効果.しかし発表の論文で、両者の関係の高低は大きな違いを持つ、しかもこの関係の影響因子はわからない、もっと検討する必要がある.

また人、さらに高い気温と死産分析の間の関係、ノルウェー学者Strandロスなどは2012年Amいち月のJ Epidemiolジャーナルで、レポートオーストラリアブリスベンの気温と早産や死産の関係.その結果、最後よんしよ週間妊娠した場合、気温が高く増える死産のリスクを参考に、その温度を21℃で、じゅうに℃の時の死収率は21℃の時の0 . 3倍、この温度効果は小さい36週齢に妊娠時は一番明らかで、気温が高いほど、妊娠週数短いほど,しかも、気温はじゅうご℃の時の生産性は21℃の時の0 . 96倍が、25℃の時の生産性は21℃の時の1 . 02倍である早期生産.温度が高くなると妊娠期間が短縮し、かつ、死ぬとなる.

地球温暖化の効果を続け、環境温度が高くなってきて、しかも常に伴って突然の熱気が流れ込み、温度の巨大な変化が発生して、もし妊婦の体が急速に適当な反応が調節できなかった時,つまり胎児に悪影響を及ぼす可能性.前出の発生率は、環境温度が高く、気温や温度が突然高く高く、早産を起こします.当局は,鼻炎、効果的な方式で気温が下がっているということで、妊婦には特に高温の圧力を減らし、早産リスクを低減しているという.