秋雨鼻炎に_

春風桃李桃李日、秋雨梧桐は.西宮南内の多い秋の草は、落葉满阶红掃除しない.

———題辞

" p "俗語は秋雨秋雨一度.秋雨は春のちくちくと夏の豪情を総合した,
.秋雨のような1本の紹興酒を経て、春の醸造、夏の貯蔵.

私好き秋雨はそれから春の生を秋の黄昏.春は子供のあどけない、柔らかい.夏は中年に気短、豪快に.秋は経験した春の無邪気と夏の、気性が世の変転と我に返る.

雨、そっとたたいて、突然私が見た1冊の小説に書いて書くことを思い出して《雨が生まれて大地で生まれて大地、中間の過程は人生です.彼はまだ書いていない、こう書く《水予熱が水蒸気天雨になって、中間の過程は変化』人のように、環境の変化は,人も自分が変わる環境に適応し、最終的に人の本質は変わらない.雨が落ちて大地に最終的に海に集まって、中間の経験した過程は』という「とはプラスのとではなく、平和共存、和合、家と万事兴などなどのと.この和が大なら戦争、小家庭友達は喧嘩はしないと.

酔秋雨に酔う.秋雨は秋の悲しみ、変転と雨の争い、利の万物、破滅、私が秋雨時の気持ちを書く時の気持ちはやきもき、迷い,鼻炎、戸惑って、何の目的もない目的.雨具、風の慰め、雷の気短、稲妻の光,秋の変転.そして、頂上に駆け寄るて何句を叫ぶ.秋の私にできるかどうかに君と同じ晩年までできる世の変転と我に返る.稲妻は私の前途を明るくしてください!雷は私の前にあなたのように気短困難の困難があるかどうか教えて下さい!風は私の傷の心、雨は私にあるほこりをはらすて下さい.

今の雨はだんだん小さくなって、秋の雨は来るのがとても速くて速くて、天には秋になって、衆生をしっかり準備して、秋雨の到来を歓迎する準備をして.去年私は窓の前に座っている人を見ることが好きで、色とりどりの服を着て、持って来る人は歩く人は歩いて、ある人は散歩していて.私は彼らの歩いた時にたくさんの何人かの人と一緒に歩いておしゃべりは無表情で、たまに見ることのいくつかのしゃべったり笑ったりして、生活のストレスが多くの人に耐えたの多くを失った本心からだんだん多くの笑.

私のドアを開けて

雨がやむの路上で、北京を見て濃い雾霾秋雨れをきれいに洗って、木の葉のほこりは洗われて、まるで道徳経が言う水利万物は争わないで.見てない人は風の道私は―――とる.

北京市海澱区安寧町2号10

は、北京市海澱区である北京市海澱区安寧は2015年9月27日朝3時14分

――――――白駒の隙を過ぐるが如して