落葉_い鼻炎ち

秋の晩秋!人には形容できない季節がある.金色の光は枯れた紅葉を映し、そよ風のよふに伴って、どこにも見られない風景に映っています.p/p楓葉楓葉、風は、葉が落ちる.このシーンは深く心に深く映って、私の心とこのようにすることができて、人は忘れることができないようです.いつも心に浮かんで、それを感じて、1筋の憂傷総幽、少し物寂しくて、これまでの総が伴うと一緒に海が.

枯らすの落葉はそよ風が空中でゆっくりと落ちて、かつてのセシウムを持って、少しのしようがない、少し懐かしさ、無声の嘆息の中でこのように決めて良い結末に入りたいです.それは、その時はそれは、過去の思い出として、過去の無限記念写真を持って行くことしかできなくて、それは,過去の無限記念写真を持って行くことしかできない.

P清涼の道にはさらさらと音がしていた.孤独の歩き、無数の落葉は降りしきるて,鼻炎、孤独な後ろ姿に翻って無数の記念写真と未来の期待は大地へと期待して大地に向かう.わかりました笑笑って、あの無数の降りしきるの中で喜んで苦痛になって後悔して後悔していないで、落ち葉が舞い散って行くことを伴っています.ため息をつくように,
,振り向いてに向かって歩いて行くのは自分の未来に属します.