鼻炎を治療することは難いですか?

鼻炎はウィルス、細菌、アレルゲン、各種の理化学因数と全身性疾患から引き起こす鼻腔粘膜炎症です。通常に人々は慢性鼻炎の治療が難いと考えて、慢性鼻炎を終身再発疾病であることとみなす人もいます。鼻炎は直接に人の命に危害を与えないが、繰り返した発作の症状とそれの生えた病気経過が、しばしば患者の生活、仕事などにひどく影響して、鼻炎患者にいろいろの不便をもたらします。

鼻炎は種類が多くて、すべての鼻炎の治療がとても難しいわけがないです。萎縮性鼻炎は一般的に治癒するのが難しくて、あるいは繰り返した発作的鼻炎の治療も難しいです。しかし、ほとんどの鼻炎はすぐに合理的に予防して治癒します。鼻炎の治療が難いのは、病因が多くて、避けることに注意するべきで、以下に一般的な病院です。

(1) 異種の鼻炎はまだそれぞれ治療しないこと

発病原因の違いに基づいて、慢性鼻炎の種類は多くて、単純な鼻炎、萎縮性鼻炎、薬物性鼻炎などがあります。違いの原因が引き起こす鼻炎は当たりまえで区別して治療してはいけません。例えば、変態反応性鼻炎に対して、アレルゲンを究明してから特異治療すべきです。鼻炎のひどい患者はできるだけ手術で治療すべきです。

(2) 急性鼻炎はすぐに治療しないと、慢性鼻炎になる可能性があります。急性鼻炎は即ち、通常に「風邪」と呼ばれ、一般的には治癒しやすいです。ただもし、急性鼻炎は治療が徹底的でないと、病気がずっと治れなく、鼻粘膜が長期に炎症性充血のむくみを引き起こします。しだいに鼻粘膜が肥えて厚くして、繊毛機能は下がって、これによって慢性鼻炎を形成して、治療する難易度を著しく増やします。