鼻炎2015年5月17日(週末)に

は退屈な週末、

は本当に退屈な週末、

Pは一言も言いたくありませんpは、寂しい気持ち悪い

では私は1杯のお茶を持って、私に付き添っていくつかの時間を過ごす.

Pは、悲しい歌を聴いていると,ますます気持ちが気になりません.

私は歩いてきた風雨を思い出し、思い出し、私はまだほじるない、

を思い出しました.

今の激情の歳月、汗を垂らす、元がはね上げたは砂時計;

未来はどうなるのか分からないけど、ある日,鼻炎、私はいつか休憩の時、

としてp>はきっと<に蝶のように舞いカモメ.

自分の声を歌いたいと思っていたが、

は、自分の歌声を展開したいと思っている.p夢過ぎ、米過ぎ,目覚めた、暖かい、痛み、忍、傷、やっぱり置いて、やっぱり…….これらの如鲠在喉p>と<.

p>,
;夜<昼の輪廻よりもできたかつての手を絡めてくる.p/p幸せな空席、止まったり歩いたりしてすべて疲れます;窓の外空は依然として晴れて、しかし気持ちはすでに楽しみを失いました;

Pは少し寝て、目が覚めて、また眠たい、誰の誰にも見たい;涙、努力、努力、孤独な味;

私はすべて私が思っています……